スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にくいあんちくしょう。

私はある物がとっても好きだ。
だけど、そのある物のせいで大変な事になってしまった。
今日は、そのにくいあんちくしょうについて語りたいと思う。
にくいあんちくしょうは弾力性に富み、色々な物をまとめてくれる。
そんなヤツに惚れたのは私が幼少の頃。

その頃私は、ヤツに触らせて貰えなかった。
子供に扱いきれる物ではないという母の判断だ。
だが、禁止令が出ると触れたくなるのも子供のサガ。

私は家族の目を盗み、ヤツに触れた。
別に禁止されるような危険物ではない。
ご家庭にほぼ必ずと言ってもいいほどある、ありふれたオレンジ色のあいつ。
ひっぱってみた。
腕にはめてみた。
そしてまたひっぱってみた。

痛い。
なるほど、ヤツは子供相手にも容赦をしてくれるようなヤワなヤツじゃないって事だ。


ならば!と思い口にいれてみた。
噛んだ。
な、なんだこの食感は!!


私はそれから、ヤツの虜になってしまった――――











月日は流れ、2013年。
私の部屋にもにくいあんちくしょうが常備されている。
今日もまた、あの食感を求めて口に運ぶ。
その時、私の中で初めての痛みが走った。




なんと、ヤツを噛みすぎてアゴが筋肉痛になってしまったのだ!
だからと言って、私だってそこでやめるような聞き分けのいい女ではない。
アゴの痛みと闘いながら、それでも私は噛む事をやめなかった。



後悔した。私はとても後悔した。
ヤツの弊害で、食事を摂るのもままならなくなってしまった。
なにしろアゴが痛いのだ。
咀嚼の度に訪れる痛み。
だめだ…私は一体いままで何をしていたんだ―――





それからと言うもの、ヤツ>食事というパワーバランスでかみ続けている。
私は食欲旺盛な方だ。
それでも、アイツの呪縛から逃れる事は出来なかった。
アイツの事を思うと、食事なんて二の次になってしまう。

憎い。アイツが憎い。でも…でも大好きだ!!





私は、アイツ―――輪ゴムの包容力に包まれながら、今日もかみ続ける。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆあ/Bec

Author:ゆあ/Bec
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。